海賊版サイトの漫画を提供、講談社など国内4社が米IT企業を提訴へ

1/30(日) 6:00配信

最大手とみられる問題の海賊版サイト(画像の一部を加工しています)

漫画の海賊版サイトのデータを配信して出版社の著作権を侵害しているとして講談社、集英社、小学館、KADOKAWAが米国IT企業「クラウドフレア」に約4億円の損害賠償などを求める訴えを来月初旬にも東京地裁に起こす方針を固めた。関係者への取材でわかった。 【画像】最大手とみられる海賊版サイト  漫画の海賊版対策では、国内最大級とされた「漫画村」の閉鎖後も出版社とサイト運営者の「いたちごっこ」が続く。出版社側は今回、運営者が海外を拠点にしており、特定が難しいと判断。配信に際して運営者が使うサービスの提供者の責任を問うことで、著作権保護をめざす。  関係者によると、最大手の海賊版サイトがクラウドフレアと契約し、同社の日本国内にあるサーバーから漫画データが配信されている。この海賊版サイトは月間3億回のアクセスがあり、「進撃の巨人」「ONE PIECE」などの人気作を含む約4千点の海賊版を配信しているという。  クラウドフレアは取材に「著作権侵害に直接的に関与していない。当社が問題の根源ではない」などとコメントした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。