久留米のむかし話 方言使い伝説を紹介 市内の学校、図書館に寄贈 「鶴陽会」久留米支会 /福岡

「久留米のむかし話」の刊行を続けている鶴陽会久留米支会の中野副会長(中央)ら

 旧福岡師範学校(現福岡教育大)などの卒業生でつくる同窓会組織「鶴陽会」久留米支会のメンバーが、冊子「久留米のむかし話」の刊行を続けている。内容は市内各地に伝わる神仏の伝説、カッパ、キツネが登場する民話、遺跡や祭りのいわれ、歴史物語などバラエティー豊か。このほど第4巻が完成し、市内の小中学校や図書館などに寄贈した。

http://mainichi.jp/articles/20161130/ddl/k40/040/432000c

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です